施工方法

人工芝の施工方法をお伝えします。
コンクリート、防水層など、下地によって施工方法は異なります。
詳しい施工方法は、人工芝をご購入時に施工手順書をお配りしておりますので、
そちらを参考に施工してください。

01. 割付

施工を始める前に、人工芝の配置を決めます。
必要な人工芝の本数、副資材の数などを計算し、障害物のある場所など、カットが必要な場所をあらかじめ確認しておきます。

資材の算出方法

今回は9m×3.9mの現場を想定して、資材の計算をしていきます。

■ショートムービー

02. 路盤調整

人工芝は、路盤の影響を強く受けます。
事前に表面の凸凹を平らにすること、水はけが悪い場合は改善することで、仕上がりがキレイになります。

■ショートムービー

03. 防草シート設置

人工芝自体にも日光を遮る効果がありますが、排水穴やピンを打ち込む際にできるわずかな隙間から、雑草が生えてくる可能性があります。人工芝の隙間からの雑草の発生を抑制するために、人工芝を設置する前に、雑草の発生を抑制するために防草シートを設置します。

※防草シートの種類によっては、人工芝の表面に影響が及ぶ場合があります。特に素材が固く柔軟性がないものは、おすすめできません。人工芝をキレイに設置するために考えられた防草シート「タフストップ」の使用をおすすめします。

■ショートムービー

04. 人工芝の下準備

■両サイドの1目をカットする

人工芝はロール状で保管されており、サイドの糸が非常に荒れやすくなっているため、1目(左右で約2cm)か、2目(左右で約4cm)をカットして廃棄してください。

■巻き始めと巻き終わりをカットする

人工芝を接着剤で固定する前に、一通り配置します。
現場の形状や、障害物がある場所に合わせてカットし、ジョイント部分を等間隔に揃えていきます。仮敷き後は、人工芝がずれないように、U字ピンで軽く固定します。

■ショートムービー

05. 人工芝の仮敷き

人工芝を接着剤で固定する前に、一通り配置します。
現場の形状や、障害物がある場所に合わせてカットし、ジョイント部分を等間隔に揃えていきます。仮敷き後は、人工芝がずれないように、U字ピンで軽く固定します。

■ショートムービー

06. 人工芝の固定

人工芝のつなぎ目の部分を少し開き、つなぎ目の真ん中にターポリンシートを設置します。ターポリンシートの上に接着剤を塗布し、均一に塗り広げ、2人1組でつなぎ目部分を閉じていきます。つなぎ目部分を閉じた後は、ローラーなどで圧着します。
(強く圧着しすぎると接着剤が表面に出てきてしまうため、慎重に行なってください。)

■ショートムービー

07. 路盤との固定

人工芝の端部をU字ピン(タフネイルorタフアンカー)で固定していきます。
縫い目の方向と平行に、芝糸を巻き込まないように打ち込みます。
打ち込んだ後も、芝糸の巻き込みがあった場合は、巻き込みを取ってください。

■ショートムービー