最近、家庭用の人工芝が少しづつ普及し始めましたが、施工についての方法をしっかりと理解出来ている業者さんがほとんどないのが現実です。
「つぎはぎだらけになってしまい、みっともない!」「デコボコがいっぱいで、見栄えが悪い!」「施工といってもピンで留めただけ。すぐにズレてしまって、雑草がすごい!」等々、多くの問題が発生しているようです。

施工方法をきちんと理解したプロの業者に頼むことが、完成度の高いお庭になる近道となります。

大切なのは割付け図面
人工芝の施工で最も大切なことは、「割り付け」です。これは、どんなサイズの人工芝をどのような
方向に設置し、どこにジョイント部分を持っていくか?という計画になります。
割付け図面 例えば、長さ8mの設置場所の場合、5m巻を使うよりも10m巻を使う方が継ぎ目が入らずキレイにできるはずです。
人工芝のサイズは限られていますが、この限られたサイズの人工芝を余す事無く効果的に設置しなければ、「つぎはぎだらけ」になってしまうのです。
ジョイント部分
大きな施工面積の場合も、小さな施工面積の場合もキレイに完成させる為には、ジョイント部分はできる限り少ない方がベストです。

DIYでの施工の場合は、ピンなどでとめる方法でも良いかもしれませんが、継ぎ目が浮いたり、ずれたりすることが多く、完成度はそれなりとなります。プロの施工でもピンを使用する場合があり、信頼できる業者選びも重要なポイントとなります。

ピン不使用 弊社の施工パートナー会社では、ピンでの施工はしません。(局所を留める場合のみピンを使用)
サッカー場や野球場などの人工芝施工と同様の方法で設置するので、継ぎ目もきれいで見栄えのよい庭が完成します。

このつなぎ目部分が、きれいな施工になるか否かの大きなポイントになります。

ピン比較
希望施工方法

PAGE TOP